トマトジュースの効果なし?効能は?!毎日1個食べてダイエット痩せる!?

トマトジュースの何の成分に効果があるの?

トマトジュース 効果 カゴメ

トマトジュースにはリコピン、リンゴ酸・クエン酸、ケルセチン、食物繊維、カリウム、グルタミン酸などが含まれています。「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われていますが、トマトに含まれているこれらの栄養素には様々な効果があるのです。

 

生で食べるのと何が違うの?

トマトが完熟であるときが一番栄養素が多く含まれています。そしてトマトジュースにはしっかり熟したトマトが使われています。
つまり生のトマトを食べるよりも、トマトジュースの方が栄養素が多いという訳なのです。
しかし栄養素の種類によっては、ジュースよりも生のトマトの方が多く含まれているものも存在します。目的に合わせて生で食べたりジュースで飲んだりと、臨機応変に摂取するのが望ましいですね。
そして注意したいのが塩分です。トマトジュースには塩分が含まれているものが多いので、高血圧を予防する目的でトマトジュースを飲む人は無塩タイプを選びましょう。

 

トマトの効果とは

善玉コレステロールを増やす

ケチャップや野菜ジュースなどで有名なカゴメの研究により、トマトに含まれるリコピンには善玉コレステロールを増やす効果があることが分かりました。他にもトマトに含まれる食物繊維はもコレステロールの吸収を抑えてくれます。
また、トマトの皮に含まれているケルセチンは血管を丈夫にしてくれます。そのため動脈硬化の予防にもなるのです。人間ドックなどで善玉コレステロール値が低いと診断された方は、ぜひトマト生活を始めてみましょう。

 

高血圧の予防

生のトマトとトマトジュースの違いの項目で少し触れましたが、トマトに含まれているカリウムは身体の中の余分な水分や塩分を排出してくれます。そのため、むくみを改善したり塩分過多などが原因とされている高血圧の予防にも効果を発揮してくれます。

 

ダイエット効果

トマトに含まれているビタミンB2には脂肪を燃焼させる効果があります。また、トマトのうまみ成分であるグルタミン酸は内臓脂肪が蓄積されるのを防いでくれます。他にもトマトには代謝を上げる効果があるとされているので、夜ご飯にトマトを食べるだけの「夜トマトダイエット」というのがブームになっているようです。

 

美肌効果

紫外線などによって出来てしまうシミやシワ。しかしトマトに含まれるリコピンには強い抗酸化作用があり、身体の酸化を防いだり、シミやシワを予防・改善して肌の調子を整えることが分かっています。エステなどで外側から綺麗にするのも良いですが、トマトを食べると内側からも綺麗になれるのです。
また、ニューカッスル大学の皮膚科学教授であるマーク・バーチ・マチン氏の研究で、トマトをよく食べると日焼けが3割少なくなることが分かっています。

 

疲労回復にも

トマトには酸味がありますよね。これはクエン酸によるものです。レモンやグレープフルーツにも多く含まれているのですが、クエン酸は「キレート作用」といって身体に吸収されにくいミネラルを吸収しやすくします。そして筋肉の中の疲労物質である乳酸を分解する作用があるので疲労回復にも効果があるのです。

 

毎日どれくらい食べればいい?

カゴメによる善玉コレステロールを増やす研究を行った際は、1日にトマトやトマトジュース、トマトソースを300グラム摂ってもらったそうです。そしてそれを8週間続けると善玉コレステロールが増加したそうです。
つまり大きさにもよりますが、毎日トマト1個半くらいを食べるのが理想的です。

 

トマトジュースとコレステファインは何が違うのか?!

コレステファインは「機能性食品」です。機能性食品とは、事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。消費者庁へ
市販されているトマトジュースと圧倒的に異なる部分です。
しかもトマトジュースを毎日飲んで、コレステファインに含有されるリコピンの量を摂取しようとすると、月に15本以上必要になるでしょう。
トマトジュースも最近では中々値上がりしてきますからこれでは月額のコスト増えてしまいます。
コレステファインは1日1粒です。

 

コレステファインの凄い所まとめ!

リコピンはただ飲むだけでは、吸収率があまり良くありません。
そのため、吸収率を高めるために、オリーブオイルと一緒に摂取することが効果的です。コレステファインはオリーブオイルも含有されているため、トマトジュースを飲むよりも、吸収率が高まる点で優れています。

  • 1日に必要なリコピンの量が1粒に!
  • オリーブオイルと一緒に摂取できるので「吸収率が上がる!」
  • どこにでも持ち運びできてラクちん。
リコピンについて知ろう!へ戻る