オリーブオイルと善玉コレステロールの関係

オリーブオイルと善玉コレステロール!すぐれた油は健康に役立つ

健康に良いと注目されているのが、オリーブオイルです。ダイエットや便秘改善にも効果的だとされています。
オリーブオイルはコレステロールがゼロなんですよ!
だから、普通のサラダ油をつかって、料理をするなら、ちょっと高いけどオリーブオイルをつかってお料理することをおすすめします。

 

オリーブオイルと善玉コレステロールの関係は大いにあると考えられており、オリーブオイルに含まれている不飽和脂肪酸の一種であるオレイン酸は動脈硬化などの原因になってしまう悪玉コレステロールを減らしながら、悪玉コレステロールを回収する善玉コレステロールを増やす効果があります。

 

また、オリーブオイルの中でも色々とグレードがありますが、おすすめは断然エクストラバージンオイルです。
エキストラバージンオリーブオイルには、精製したものよりも多く抗酸化作用のあるフェノール酸を含有していることが分かっています。
また、摂取することによって中性脂肪を減らすことができることも分かっており、積極的に摂っていきたいオイルともいえます。
オレイン酸には善玉コレステロールを増やすだけではなく、腸を刺激して排便を促す効果もあります。オイルが便に混ざって便自体を柔らかくして、大腸の内壁をすべらかにすることで便の排出をスムーズにすることができます。

 

コレステロールが気になる方はぜひエクストラバージンのオリーブオイルを積極的に摂取しましょう。

 

しかし、ほかの植物オイルと同様にカロリーが10gあたり92.1kcalありますので摂取量を考えて適量を摂っていく必要があります。過剰な摂取は肥満の原因にもなってしまいます。

リコピンについて知ろう!へ戻る