動脈硬化を予防する方法とは?

動脈硬化を予防するためには

動脈硬化を予防するためには危険因子をできるだけ取り除くことです。
一つ目は肥満です。肥満になると内臓脂肪が増えて血液の中の悪玉コレステロールが増えてしまいます。
また内臓脂肪が多い状態は高血糖や高血圧になりやすいリスクがあります。二つ目は脂質異常症、高血圧症、高血糖(糖尿病)などの動脈硬化を促進するリスクの高い疾病を治療することです。これらの病気があると、血管を傷つけ動脈硬化の進行が早くなります。病気があったら早めに治療することが予防の方法の一つになります。ふたつめは喫煙です。喫煙する習慣があると、血管を収縮させる原因になり高血圧になりやすくなります。また喫煙により活性酸素が発生するので動脈の壁を老化させ、傷める原因を作りだします。
また家族に心筋梗塞や脳梗塞など血管の疾病を持つ人がいる場合、遺伝的に動脈硬化になりやすい体質を持っていると考えられるので、早期発見し予防に努めることが必要です。さらにこれらのリスクを取り除くほかに、食事による予防方法が必要になります。動物性脂肪の取りすぎは動脈硬化を進行させるので食事の内容に気を付けます。具体的には、塩分や脂分の多い食事を避けて、緑黄色野菜や青魚中心の食事にすることが良い方法です。そのほか適度な運動も効果的です。
一日20分ぐらいウォーキングすることは、高血圧や高血糖、内臓肥満などの改善にとても効果的です。さらに睡眠を十分にとり規則正しい生活をすることも効果的な予防方法です。

リコピンについて知ろう!へ戻る