動脈硬化を予防するために運動をしよう

動脈硬化を予防するために運動をしよう

 

動脈硬化とは、文字のとおり動脈が硬化する病気のことです。動脈は、心臓から全身に血液を送る血管のことをいい、全身に血液を運ぶためにポンプのような役割も担っています。そのため、しなやかな弾力性と強さがあり、そう簡単に破れたりしなくなっています。しかし、動脈硬化により血管が硬くなることでポンプの役割を果たすことができなくなり、その結果血液をうまく運ぶことができなくなりさまざまな症状を起こしていきます。
また気づきにくいことでも有名で、普段生活しているときでも自覚症状が出ることはほとんどないです。
例えば、心臓の動脈である冠動脈が動脈硬化により狭くなって血液や酸素があまり送られることがなくても自覚症状がほとんどありません。自覚症状が出るころになると手遅れになるということが多いのが現状です。
そんな動脈硬化にならないためにも予防が大切になっています。
予防するには、運動、食事、薬物治療がありますが、日常生活で簡単にできることで特に運動が重要になっているのではないでしょうか。
運動は、健康な体作りには必要でストレスや肥満の解消などに効果があり、動脈硬化の予防にもウォーキングやジョギングなどが最適になっています。
運動により善玉コレステロールが増え、血中にある余分なコレステロールを肝臓に送り血管をきれいにしてくれます。
動脈硬化は自覚症状がないかあっても遅い場合がほとんどです。そんな病気を起こさないためにもこれらの予防方法は大切になっています。

リコピンについて知ろう!へ戻る