血中コレステロールってなに?

血中コレステロールとは

中性脂肪が増えすぎると酸化LDLコレステロールが増える原因となり、増加しすぎると血管に溜まって動脈硬化を信仰させてしまいます。LDLコレステロール値は日によって増減しますが、長期間にわたり基準値を超えている、あるいは高コレステロール血症など病気を抱えている人は食事によるコントロールが必要です。
コレステロール値を正常にするには肝機能を強化する必要があります。肝臓機能をアップさせるにはタウリンが重要で、コレステロールや中性脂肪を排泄してくれる働きをもっています。タウリンはカキやイカやタコなどの魚介類に多く含まれ、これらはLDLが下がる食品としてだけでなく、生活習慣病全般に良い効果をもたらすことで知られています。その他LDLが下がる食品として食物繊維が多いもの、乳酸菌、大豆、アマニ油やえごま油、青魚などが挙げられます。
LDLが上がる食品としては鶏卵、イクラやたらこなどの魚卵、レバーなどの肉類、チーズやバターなどの乳製品などが挙げられます。1回に食べる量を少なくしたり、食べる回数を減らすようにすればよく、摂取ゼロにする必要はありません。それよりも必要以上の食事を摂りすぎるとコレステロールの合成が活発になりすぎたり、中性脂肪が増えてしまうことに繋がります。特定の食品の摂取を減らすことを考えるより、バランスの良い食事を腹8分目を心掛けるようにしましょう。

リコピンについて知ろう!へ戻る